スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blog Ranking | スポンサー広告-------- --:--

アニメの問題点

mixiネウロコミュ内アニメネタばれトピックにコメントされた意見を参考に、
アニメの問題点をざっくりまとめてみました。(16話まで)

「署名には参加したいけど、イチから書くのは大変…」という方は、
適宜コピペしてお使い下さい^^ 参考になれば幸いです。
自分が特に気になった点などを詳しく追記すると、さらに良いかと思います。


各キャラクターの容姿・性格・言動の大幅な変更によるキャラ崩壊
  ・弥子や吾代をしもべ呼ばわりのネウロ
  ・「我が輩は不死身だ」「放屁」「そこでしろ」発言/M字開脚
  ・多くの人間がいる中で銃撃され復活、外壁を上るなど
   魔人であることを隠そうとしないネウロ
  ・歌手や女優に対して異常に執着する吾代
  ・食べ物の恨みで足に噛み付く弥子
  ・アヤの歌で泣く弥子
  ・毎回犯人に説教する弥子         等、多数


時系列の大幅な変更によるストーリー破壊
  ・弥子の父親事件が未解決
  ・1話から事務所がある
  ・事件の入替えによる主役2名の関係性の混乱  等、多数


キーワードとなるセリフ等のカット・タイミング変更によるストーリー破壊
  ・「喰べる事はそれ自体が幸せ」
  ・「貴様の日付はいつ変わるのだ」
  ・「腐っても未だ我が輩魔人の領域だ」から
   「その可能性を…我が輩はいつでも喰ってやる」までの
   人間について言及する全セリフのカット  等、多数


犯人の犯行内容・犯行動機そのものの変更
  ・堀口明のトリック変更、サイの殺人が堀口の祖母から筒井へ変更
   (これによりアイ登場もカットされた模様)
  ・ヒステリアの犯行をHALの電子ドラッグが原因とすることで
  「芯のある犯罪者」と「芯を作らされた犯罪者」を混同  等


原作で複数話かけたエピソードを1話に過圧縮した事によるストーリー破壊
  (1・4・5・6・7・13・16話)


必然性の低いオリジナル脚本回の挿入によるストーリー破壊
  (2・3・8・11・15話)
  ・いわゆる「萌え要素」の過剰な付加も含む
  (吾代の少年時代・弥子のメイド服など)


「放送コードに触れないための変更」とは考えにくい改変
・海野の容姿の変更(1話)
・「笛吹直大」→「笛吹広大」(4話) ※誤植の可能性あり
・大泉ひばりの容姿の大幅な変更(9・10話)
・「絵石家」→「絵石屋」(12話)


ディテール軽視による作品全体の雰囲気の破壊
風刺の効いた時事ネタ・的確な比喩など、ネウロ「らしさ」を支える要素が
殆どカットされている


監督の誤読による、原作の持つメッセージそのものの破壊
神志那弘志監督が語る『魔人探偵脳噛ネウロ』への意気込み
(マッドハウスHPより)を見ると、以下の発言が見られることから、

・「引っかかりを作るため『分かりやすく』する事を心掛けている」
・「犯人も同情できない人ばかり」
・「動機の部分ですっきりしない分、いかに馬鹿馬鹿しい殺人犯を仕立てあげられるかです」

以上のことから、原作者が単行本1巻見返しで述べた「単純娯楽漫画」という表現を "そっくりそのまま"受け取ってしまった恐れがある


声優問題(頻繁なキャスト変更・安易な芸能人の起用を含む)


作画問題(必然性の低いキャラデザイン変更を含む)


OP+ED問題


追加事項あれば、管理人までお願いします。

スポンサーサイト

Blog Ranking | アニメの問題点2008-01-10 15:24


« 最近の記事  | HOME |  以前の記事 »


menu

更新履歴
活動のいきさつ
活動方法
アニメの問題点
皆さんの声
関連サイト
リンクバナー

join us!

署名(ご意見)受付は
〆切りました
 ありがとうございました。
お手数ですが、今後は各自での
ご送信をお願い致します。
3社送信先一覧

vote

Ranking

profile

harry

Author:harry


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。