スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blog Ranking | スポンサー広告-------- --:--

【声】 これを「ネウロ」として世に出す方々に憤りを覚えます

Hと申します。こうして筆を取らせて頂くのは、二度目になります。
前回はちょうど9話が始まった頃だったように思います、
あれからもアニメは毎回拝見している次第です。

私は、署名活動にこうして参加してはいますが、
もちろん意見した直後にそれが反映されるなどと思っている訳ではありません。
もっと言えば反映されないまま放送が終了することも十分有り得ると思っています。
それでも何故、時間を割いてこうして意見させていただいているかと言われれば
アニメの出来が「原作を愛する者として許容し得ないもの」であるからです。



私個人としましては、アニメ放映開始当初はさほど否定的な立場を取ってはいませんでした。
第1話が放送した直後も、原作との差異もアニメならではの魅力として楽しもうという
スタンスでいました。
それが不必要と思われる改変(もはや改悪、という表現が相応しいでしょうか)、
内容の薄っぺらいオリジナルストーリーの挿入の繰り返しによって、
もはや見るに耐えないものに成り下がってしまったことに大きな失望を感じています。


このタイミングでこうして二度目の意見をするのは、
15話の出来が余りにも酷すぎたからです。
オリジナルであることはまだ許容できても、
原作の雰囲気を壊すような下ネタが挟まれ、相変わらずのキャラ崩壊…
これを面白いと思って作っているのなら、正直その神経を疑わざるを得ません。
そしてこれを「ネウロ」として世に輩出する制作者の方々に憤りを覚えます。


アニメはアニメの色を出すということが悪いと言っているのではありません。
ただ、原作がある以上、その雰囲気を大事にしてほしいのです。
ネウロという作品は特に、その「雰囲気」自体が大きな魅力となっています。
作画の点はある程度妥協は必要だとは思いますし、とやかく言うつもりもありませんが
それをストーリーの作りこみでカバーできていない点で、
制作者の皆さんが送り出している「ネウロ」という作品は、
私の愛している「ネウロ」と全く別物であると思っています。


もう一度原作を読んでみてください、ネウロは本当にそんな作品ですか?
弥子はひとりきりではありません、ネウロは不死身ではありません。
吾代は出ずっぱりにするようなキャラではありません。
11話のような露骨な「萌え路線」狙いではもちろんありませんし、
先程も述べましたが15話のように低俗なギャグを必要とすることもないです。
「人間の可能性」というテーマに言及している以上、
サイは他の犯人と同じようなゲスト的な扱いも相応しくありません。
(そもそもアニメではサイが人間だ、ということすらあやふやだった気が…)

犯人が面白おかしく豹変さえすればそれでいいと思ってませんか?
それこそがネウロの魅力の全てだと誤解なさっていませんか?
原作を読んでそれが間違いだと理解できないのなら、
きっと皆さんはネウロという作品を表現するべきではないのだと思います。

来週からはHAL編がスタートするようですが、
14話の温泉旅館での春川との出会いがカットされていた、早坂兄弟編未了、
ということでまた(大なり小なり)オリジナル展開が待っているのか。
単行本数冊を費やしたこの話をいったいどれだけ短縮して台無しにされるのか。
今回はどんな改悪がされて、時系列がめちゃくちゃにされるのか。
今から不安なことだらけです。正直、もう期待できません。


もしこのまま改善が望めないのなら、
出来ることならOVAで再アニメ化をして頂きたいです。



好きな作品がアニメ化されたということ自体は、とても嬉しかったのです。
まさかこんな形で期待が裏切られるなんて思いもよりませんでした。
私のような感想を抱いている人間がいるということだけでも、
せめて知っておいて頂きたいです。

(Hさん・21歳・女)

スポンサーサイト

Blog Ranking | 皆さんの声2008-01-16 20:25


« 最近の記事  | HOME |  以前の記事 »


menu

更新履歴
活動のいきさつ
活動方法
アニメの問題点
皆さんの声
関連サイト
リンクバナー

join us!

署名(ご意見)受付は
〆切りました
 ありがとうございました。
お手数ですが、今後は各自での
ご送信をお願い致します。
3社送信先一覧

vote

Ranking

profile

harry

Author:harry


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。