スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blog Ranking | スポンサー広告-------- --:--

【声】 明らかに作品の読み込みと理解が足りない

5話まで拝見しました。
原作を知らない人も含めた、広い層を意識しなくてはならないこと、
そのために、できる限りストーリーを単純化し、誰にでもわかりやすい作りにしなくてはならないこと、その点は非常によくわかります。

原作には個々の事件の背後に大きな流れがあるため、そういった根っこを意識していては、決められた期間でのアニメを制作することは確かに困難だと思います。

しかしこの作品が、人間の弱さや強さ、身勝手さ、執着や悲しみといった、あらゆる人間性の表現を試みていることを、におわせることは可能なはずです。
貴社が制作するアニメネウロからは、そういった奥行きが感じられません。


それができていないのは怠慢でしかありません。
もちろん制作上の肉体的・精神的苦労は、どのアニメでも非常に大きなものだと思います。
それでも、この程度のレベルのアニメを送り出していることに何も疑問を感じていないのなら、私は非常にさみしく思います。
明らかに作品の読み込みと理解が足りないからです。
日本のアニメーションの世界はすべて、もっと上を目指せるはずです。
何も一部のアニメだけではありません。
ご自分が携わっている作品をひとつひとつ、すべて、もっと確かにみつめてほしいと思っています。
仕事に対するプライドにかけてこれでよしとするならば、あまりにも目指すレベルが低すぎます。とても悲しいことです。

主人公が魔人であることにも意味があります。
ネウロが人間を未知で不可思議なものだ、ととらえ観察していく様子からも、「人間とはいったい何なのか」という問いを、読者がネウロと共に外から見つめることができるのです。
あくまでもネウロは人間の行為を外から観察しているため、やはり魔人であることを隠す設定は不可欠だったと考えます。
人外の存在であることを隠さないなら、自由気ままに、自ら積極的に謎を解決できます。
ヤコの存在は必要なくなり、ネウロという作品の意図自体がゆらいでしまいます。

ヤコに関する演出にも疑問が多いです。
ネウロはヤコを通して、人間の謎を垣間見、その本質に関心を持っています。
ヤコは芯が強い人物で、犯人(人間)の心にある「核」にするどく気づきます。
アニメではヤコの声の調子は高く、媚びるようにうわずった話し方が主に感じます。
しかも、ただネウロに操られて犯人を指さす「だけ」の役割しか与えられていません。
これでは本当に意味のない「おかざり探偵」でしかありません。

なぜネウロはヤコを選んだのか。
なぜヤコはネウロに従い、次第に自らすすんで事件のことを考えるようになるのか。
原作でも答えはでていませんが、「何かがある」という確信を読者に抱かせています。
アニメからはふたりの関係の必然性がまったく感じられません。

すべてにおいて、原作の読みが浅いとしか思えません。
原作とまったく同じものを作ってほしいとは、個人的にはまったく思いません。
ただ、原作を生かしていただきたい、原作に敬意を払っていただきたいと、それだけを望ませてください。

(Mさん・23歳・女)

スポンサーサイト

Blog Ranking | 皆さんの声2008-03-19 18:06


« 最近の記事  | HOME |  以前の記事 »


menu

更新履歴
活動のいきさつ
活動方法
アニメの問題点
皆さんの声
関連サイト
リンクバナー

join us!

署名(ご意見)受付は
〆切りました
 ありがとうございました。
お手数ですが、今後は各自での
ご送信をお願い致します。
3社送信先一覧

vote

Ranking

profile

harry

Author:harry


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。